【生命保険コラム】 保険業界で使われる「キャン売り」とは?

2015年7月3日

 

insurance077今回は、保険業界で共通言語となっている用語についてご紹介します。

 

どんな業界にも「業界用語」は存在すると思いますが、保険業界にもあります。この用語を理解することで、保険業界の体質やカルチャーがよく見え、より良い活用、付き合いをすることができます。

 

今回の業界用語は「キャン売り」。
これは、「キャンペーン商品売り」の略語です。

 

保険を販売するチャネルには、紹介を中心に営業する生保レディ、生保マンのチャネルをはじめ駅前店舗型の保険代理店、税理士系代理店、銀行系代理店など、さまざまなチャネルが存在します。

 

それぞれ、営業担当者が保険契約を獲得すると、「コミッション」または「歩合給」といって、保険会社から手数料(収益)を受け取ることができます。

 

そんな中、保険会社が3か月、6か月、1年などの期間を設定して、特定の商品を販売したら、多めのコミッションを支払うときがあります。それがキャンペーンです。

(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.053 <執筆>GTAC 2015年7月3日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で