【海外活用】IMF、スリランカ経済を楽観視しつつ財政リスクを指摘

2015年5月19日

先日、スリランカ経済の今後の見通しについて、国際通貨基金(IMF)が報告書を出しました。その中で、IMFはスリランカ経済について楽観的な予測をしながらも、財政赤字の問題を初めとする、いくつかのリスク要因について注意を促しています。



これについて、スリランカのニュースサイトでカメハメハ倶楽部が提携しています「economynext」から配信された「Sri Lanka deficit exceeds target, tax revenues could fall, IMF warns」と、中国のニュースサイトの上海日報が配信した「IMF positive on Sri Lanka but warns of deficit challenge」という記事からご紹介します。



〇原油価格の下落によって、改善される貿易収支



IMFは、スリランカの経済について、実質GDP成長率を2015年以降も6.5%と予測しているなど、概ね安定的で力強いとしています。一方で、政治的安定と財政赤字の解消が、さらなる成長には欠かせないことも強調しているとのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


こちらの記事の全文は姉妹サイト「スリランカへGO」に掲載されております。