【海外活用】 香港、観光競争力ランキングで13位に上昇

2015年5月21日

 

kaigaicolumn053
自由度の高い金融センターとして、あるいは中国経済、上海株式市場への窓口としてなど、経済・金融の面から香港を捉えるだけでは、一面的な見方に過ぎないかもしれません。このほど発表された世界各国の観光競争力ランキングで、香港は前回より2つ上がって、13位にランクインしました。この件について、サウスチャイナ・モーニング・ポストが配信した「Hong Kong ranks 13th in tourism competitiveness while China jumps 28 places to 17th」という記事からご紹介します。

 

◯優れた交通インフラやビジネス環境

 

世界経済フォーラムが2年ごとに行っている世界各国の観光競争力調査で、香港は交通インフラやネットワーク環境が評価され、13位にランクインしました(前回は15位)。アジア・太平洋地域に限りますと、オーストラリア(7位)、日本(9位)、シンガポール(11位)に続く第4位になります。今回の調査では、スペインが初めて1位になり、以降フランス、ドイツ、アメリカと続きます。また中国は前回2013年の45位から28位伸ばした17位で、アジア・太平洋地域では6番目に躍進したとのことです。

 

ランキングでは、観光整備や自然環境のみならず、ビジネス環境や情報ネットワーク、インフラ整備など合わせて14分野で、141の国と地域の競争力を測っています。

 

香港は、交通インフラとビジネス環境、およびICT環境という3つの分野で高い評価を得ています。その一方で、燃料価格、ホテル料金、チケット価格などから算出される価格競争力は2011年から大きく落ちこみました。

 

この発表を受けて香港政府の高官は、品質管理や消費者からの信頼など、価格以外の面で、競争力が香港にはあると述べ、観光客にとって香港は十分に魅力的であると自信を見せています。また新しいホテルの建設が終わって部屋数が増えたことで、ホテルの価格は去年のピークから下がり始めているという指摘もあります。

 

アジアのライバルであるシンガポールでも、ビジネス環境やグローバル化の面が優れている一方で、同じように価格競争力の評価が低くとどまっていることを最後に指摘して、記事は締めくくられています。

 

出典:http://www.scmp.com/news/hong-kong/economy/article/1788087/hong-kong-ranks-13th-tourism-competitiveness-while-china

 

海外活用コラム 執筆:GTAC(2015年5月21日付)


 

【出版記念セミナー】

香港で実現する究極の資産防衛


~世界有数の金融センターで資産防衛を行うメリットと現地の最新金融事情


2015年6月17日(水)19:00~20:30開催・参加費無料 詳細・お申込みはコチラから

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。