【海外不動産】オフィス建設ラッシュに沸くロンドン

2015年5月29日

 

london-211426_1280
景気の持ち直しを背景に、英国ではオフィスの建設が増えています。「ロンドンのデベロッパー、将来的なオフィス需要に賭ける(原題:London Developers Raise Their Bets on Future Office Demand」という記事を、Bloombergが掲載したのでご紹介します。

 

〇新規開発面積は二倍強の増加

 

ロンドン中心部のデベロッパーは、今後も需要の増加がつづくことを予測して、テナントがいない状態でも、オフィス建設をさらに進める意思を示しているとのことです。デロイトによると、企業はこの3月までの6ヶ月間で、ここ20年間で二番目に多い、31のプロジェクトを開始し、そのうちの22のプロジェクトではテナントの予約なく、建設を始めたと記事は述べています。

 

デロイトの不動産部門の幹部は、「我々は今後、賃料の更なる上昇と、物件が完成する前にリース契約が締結される事前賃貸契約(pre-let)の増加を見込んでいる。またロンドン全域にわたって、積極的に開発が進んでいくことが予測される」とコメントしています。

 

金融危機の間に生じた開発不足によって、ロンドンにある企業は、少ないオフィス・スペースを奪い合ってきました。BNPパリバの不動産部によると、今年のロンドン中心部のオフィス賃料は、2000年以来最も高くなるとのことです。

 

新規の開発面積は、 950万平方フィート(88万㎡)と二倍強の増加をしています。そしてこのうち37パーセントには、すでにテナントがついています。また新規開発のうち、シティでの開発がもっとも多い39パーセントの割合を占めているとのことです。

 

出典:
http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-05-18/london-developers-increase-their-bets-on-future-office-demand

 

執筆:GTAC(2015年5月29日付)

 

【海外不動産セミナー】

レジデンス投資+新アセットクラス「学生寮」投資で注目集める

イギリス不動産投資の可能性


~世界有数の人気不動産マーケットの現状と最新投資案件


2015年10月3日(土)15:00~16:30開催・参加費無料 詳細・お申込みはコチラから

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。