幻冬舎総合財産コンサルティング(GTAC)企業情報

 
会社名 株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング
英名 Gentosha Total Asset Consulting Inc.
設立 2012年4月5日
本社所在  〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
TEL : 03-5411-6181
FAX : 03-5411-6182
Email : gtac_info@gentosha.co.jp
ホームページ : http://gentosha-tac.com/
営業時間 

平日09:00-18:00(土日祝は休業となります)

【役員一覧】

代表取締役社長  山下 征孝
取締役会長 久保田 貴幸
取締役 見城 徹
取締役 佐々木 秀吉
執行役員 立本 正樹
執行役員 吉永 秀史

監査役      棚網 基己
事業内容 

企業オーナー・富裕層向け、財産の「防衛」「承継」「移転」の
総合コンサルティング会社

  • ・相続・事業承継コンサルティング
  • ・M&Aコンサルティング
  • ・企業財務コンサルティング
  • ・企業保険最適化コンサルティング
  • ・海外不動産情報提供・コンサルティング業務
  • ・医療法人化支援業務
  • ・スリランカ進出支援業務
  • ・企業オーナー・富裕層向け会員組織「カメハメハ倶楽部」運営

 

<グループ会社>
株式会社 幻冬舎アセットマネジメント
合同会社 幻冬舎ゴールドオンライン


幻冬舎総合財産コンサルティングとは――

幻冬舎に集まる「知」を武器に
企業オーナー、富裕層の課題を解決

●出版社ならではの「知」の集約と、リアルなコミュニケーションの場

2012年4月に設立された、幻冬舎総合財産コンサルティング(GTAC)。主に企業オーナー、富裕層を対象として、彼らが「資産家であり続ける」ための相続・事業承継対策、企業財務・企業保険の最適化、国内外の不動産活用、M&A活用などに関する、総合的な財産コンサルティング、情報提供を手掛けている。

なぜ、出版社グループが財産コンサルティングを行うのか。代表の山下はこう語る。

「出版業界では、相続対策や資産防衛といった財産に関する書籍がよく売れています。大切な財産について、ネットとは異なる、信頼のおける出版社からの情報を求めている方々、お付き合いのある金融機関や会計顧問からの情報には満足していない方々のニーズに支えられています。先行き不透明な時代、資産家の方ほど自ら学び行動する必要性を感じているのでしょう。ところが、書籍の出版だけでは、どうしても一方通行の情報発信になってしまう。そこで我々は、信頼ある情報の発信だけでなく、それに気づきを得た方々と双方向でコミュニケーションを行い、課題解決まで一気通貫で行うことにしたわけです」

とはいえ、メディアが読者とリアルの場でどう出会うのか、そこにはユニークな工夫が施されている。

mr.yamashita「出版社は、様々な『知』を集約する場所です。GTACでは、財産に関する課題解決のノウハウを日々蓄積し、選別している。これら選び抜いたソリューションを、いかに企業オーナーや富裕層の方々に、実際に役立ててもらうか。その情報を理解・実践してもらうためのリアルなコミュニケーションの場が不可欠です。それが、2013年2月に発足した無料の会員組織『カメハメハ倶楽部』です」

『カメハメハ倶楽部』では、セミナーや海外視察などの機会を通じて、GTACおよび提携の講師陣ならではの切り口による情報と相談の場を提供している。セミナー開催実績は、3年強の間に400回以上。延べ1万人を超える参加者が会場となる幻冬舎に足を運んだ。

テーマは、相続・事業承継対策、節税、生命保険の活用といったものから、株や為替といった金融市場、航空機リースやM&A、減価償却や国際税務など専門性の高い領域、そして日本国内のみならず米国、アジア、オセアニア、欧州といった海外の投資事情や不動産情報まで、幅広い分野を採り上げている。いずれも単なる評論ではない、財産を守るための具体的なノウハウだ。

「我々が『カメハメハ倶楽部』において、徹底的にこだわっているのは、『評論・あるべき論』ではなく、『具体性のある実行策・解決策』です。そのため、講師陣はその道の『実務家』であり、海外事情であれば各国在住者のナマの情報を原則としています。会員の皆様の具体的な行動をサポートするため、海外視察・現地研修会なども開催しており、『カメハメハ倶楽部』を、財産に関する『知』が詰まった実践の場として、会員の皆様とともに、より大きく育てていきたいと考えています」

●「情報格差」の解消こそが使命

books

2014年4月に刊行が始まった『黄金律新書』シリーズ(写真)も、既に十冊以上が刊行された。タイトルから分かるとおり、いずれもGTACのメイン顧客である企業オーナー、富裕層をターゲットにした書籍である。一見ニッチな分野を取り扱っているにも関わらず、一般のビジネス書にまったく引けを取らない売れ行きを見せている。

この理由を山下は、ニッチな分野にこそ巨大な情報格差があり、それを埋めたいという強いニーズが存在するからだと分析する。

「ウェブの成熟で情報格差は縮まっているという意見もあるが、これは富裕層の財産を対象にした世界ではまったく当てはまらない。ごく限られたインナーサークルで独占されている情報はもちろん、一部の『情報強者』にとっては当たり前の知識やノウハウなのに、大多数の企業オーナー・富裕層は知らないという話は数多くあります。それらひとつひとつに光を当て、必要とする人々に伝えていく。『財産』の防衛・承継・移転に関わる情報格差の解消こそが我々の使命です」スクリーンショット-2016-08-23-13.50.15

「情報格差」解消のための取り組みは進化を続けている。よりタイムリーな情報ニーズに応えるため、2015年秋には、富裕層のための資産防衛ウェブメディア『幻冬舎ゴールドオンライン』をグループ内で立ち上げた。『カメハメハ倶楽部』のコンセプト通り、評論ではない行動するための情報を「実務家」が「所属・氏名」を明示した上で、ウェブの速報性も備えながら発信する。月間500本以上の記事を公開し、既に月間数十万人の読者を獲得している。

「知る人ぞ知る情報を書籍化し、世に問うていくというのは、出版ビジネスの基本。GTACの場合、これがコンサルティングビジネスの起点となっているわけです。今後も『知の原石』となる情報の蓄積・見極めには徹底的にこだわっていきたい。企業オーナー・富裕層の財産を守る『知』のパートナーとして、金融機関、士業とは一線を画す、メディア系『第三極』の存在感を示していきたい」

 

山下征孝
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング 代表取締役

三和銀行・UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)にて10年のキャリア(飯田橋支店、審査部、日比谷支店、東京営業本部、秘書室頭取秘書)。
幻冬舎入社後は、経営管理部門において、子会社管理、上場準備、IR、株主対応、内部統制、MBO、M&A、海外子会社設立など担当。2012年幻冬舎総合財産コンサルティング取締役。2014年より現職。