ベルリン不動産の最新事情

 

幻冬舎ゴールドオンラインがオープン!

ドイル不動産をはじめ、各国の不動産事情が分かる最新コラムは、幻冬舎ゴールドオンライン上でお読みいただけます!

幻冬舎ゴールドオンライン
ドイツ不動産コラム

※以下、カメハメハ倶楽部サイトで公開された旧コラムです。

 

ベルリンの最新情報が分かる現地発のコラムです。

各タイトルをクリックしてください。
(カメハメハ倶楽部サイトに移行します)

 

ベルリン不動産の空室率は1~3%未満
今回は、ベルリンの空室率について取り上げます。空室率は、2.5%〜5%程度が投資家にとって理想的だと言われていますが、ベルリンの空室率は1〜3%未満であり、非常に低くなっています。空室率が低いということは、そのエリアが人気・・・・・・【続きを読む

 

2006年頃から物件価格が高騰しているベルリン
前々回のコラムでは、不動産投資で重要な要素を3つ挙げました。①不動産価格の成長見込みがある②賃料の成長見込みがある③物件が位置するエリアの空室率。今回は、②について取り上げます。そもそも賃料は、利回りを予測したり、・・・・・・【続きを読む

 

賃料高騰がもたらすベルリンの不動産価値の上昇
ベルリンのローン金利は低い上に、セカンドハウスにかかる固定資産税が他の国よりも低いのが特徴です(例えば、イタリアやスペインではセカンドハウスには非常に高い固定資産税がかかります)。さらに、現在ベルリンでは賃料が・・・・・・【続きを読む

 

価格上昇が続くベルリン不動産
現在、ヨーロッパの不動産業界には巨額の資金が流入してきています。その背景としては、銀行融資による不動産ローンが組みやすくなり、手軽に投資が可能になったことが挙げられます。実際、2014年には不動産市場への投資総額が・・・・・・【続きを読む

 

欧州投資家の狙いはロンドンからベルリンへ
現在、ヨーロッパの不動産業界には巨額の資金が流入してきています。その背景としては、銀行融資による不動産ローンが組みやすくなり、手軽に投資が可能になったことが挙げられます。実際、2014年には不動産市場への投資総額が・・・・・・【続きを読む

 

なぜ今「ベルリン」の不動産が注目されるのか?
ヨーロッパ不動産投資の世界で、いま大きな注目を浴びている街がベルリンです。ドイツで最も不動産価格が高いと言われているのは同国最大の商業都市ミュンヘンですが、なぜベルリンが注目を集めているのでしょうか。それは、ベル・・・・・・【続きを読む

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインにて「ドイツ不動産」コラム連載中!

 


幻冬舎総合財産コンサルティングの運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、海外不動産に関するセミナー等の最新情報をメルマガでお届け!無料会員登録はこちらからどうぞ!