カリフォルニア不動産の魅力

 

最大の魅力はタックスメリット

カリフォルニア不動産の最大の魅力は、木造の戸建住宅やアパートの減価償却を活用した「タックスメリット」です。タックスメリットが生じる要因は、「土地・建物の比率」「減価償却年数」の2点になります。

まず、「土地・建物の比率」についてですが、中古住宅の流動性が高いカリフォルニアでは、一部の高級住宅街を除き、建物比率が60%〜80%程度と高く設定されているのが一般的となり、償却可能額が大きいというメリットがあります。日本では築20年〜30年の木造住宅の価値はほとんどありませんが、築50年〜100年の建物を使用するのが一般的なアメリカでは、建物の価値は高く評価されており、このため、建物価格の占める割合が大きくなるのです。

次に、「減価償却年数」です。カリフォルニアの戸建住宅やアパートは基本的に木造となり、耐用年数は日本の木造家屋と同様の22年が適用されます。このため、築22年を超えた建物は4年(22年×0.2=4.4年→端数切捨てで4年)という短期間で減価償却が可能となります。

以上より、築22年を超えた木造住宅の減価償却を活用することにより、タックスメリットを享受することができるのです。

IMG_3151

不動産価格の上昇によるキャピタルゲイン

カリフォルニアの不動産価格は過去40年で平均4%上昇しています。

1970年以降、カリフォルニアの不動産価格は右肩上がりで上昇してきましたが、2006年〜2007年のピークを境に、その後、下落に転じ、中心住宅地で▲20%〜▲30%、郊外の住宅地で▲40%〜▲60%と、大幅に下落しました。

2012年に入り住宅価格は下げ止まり、その後、反転に転じたことから、今後のアメリカ経済の回復に伴いキャピタルゲインを狙える可能性がでてきました。

 

人口増加による安定的な住宅市場

アメリカは先進国の中で人口増加率の高さが目立つ国であり、移民の流入も多いことから、今後も更なる人口増加が見込まれています。

カリフォルニア州は移民の流入、他州からの人口移動の影響により、全米一人口が多い州となり、賃貸住宅の供給が不足することとなりました。このため、当面の間、賃貸住宅の空室率の低下、賃料上昇傾向が続き、賃貸住宅市場は安定的に推移していくものと考えられています。

 


幻冬舎総合財産コンサルティングの運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、海外不動産に関するセミナー等の最新情報をメルマガでお届け!無料会員登録はこちらからどうぞ!