ドイツ不動産の基礎知識

 

幻冬舎ゴールドオンラインにて「ドイツ不動産」コラム連載中!

 

外国人でも購入可能

ドイツでは、外国人が不動産を取得することに制限がないため、土地、マンション、戸建住宅など選択肢は多岐にわたります。

ドイツでは、外国人であっても物件価格に対して50%〜60%の銀行ローンの借入れが可能です。原則としてユーロ建ての借入れとなり、借入期間は15年〜20年です。

Das Objekt

不動産取引コスト

不動産購入時には、印紙税、売買契約書作成かかる弁護士費用、融資手数料、公証人費用、アポスティーユ費用、翻訳料、仲介手数料などが必要となります。

売買契約書、賃貸借契約書等の契約書関連は原則としてドイツ語で作成されており、専門用語も多く使用されているため、必要に応じて専門家のサポートが必要です。

 

開発の制限

ドイツでは年間の最大建築数が政府の規制によりコントロールされており、既存の物件数の2%を超える開発は禁止されています。このため、新築物件の供給は制限されています。

 

幻冬舎ゴールドオンラインにて「ドイツ不動産」コラム連載中!

 


幻冬舎総合財産コンサルティングの運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、海外不動産に関するセミナー等の最新情報をメルマガでお届け!無料会員登録はこちらからどうぞ!