イギリス学生寮投資とは?

 

イギリス学生寮投資が
世界中から注目を集めているワケ

uk_student_accommodation_photo1

イギリス学生寮への投資は、5年ほど前からイギリス国内外で大きな注目を集めている不動産投資機会です。2012年、英タイムズ紙は学生寮投資の急速な成長と確実性を評価し、イギリス国内で最良の投資対象となる資産(アセットクラス)であると評価しています。

イギリス学生寮投資の成長を牽引している要因の一つとして、イギリス国内の大学に通う大学生が増えていることが挙げられます。

イギリスはアメリカに次いで留学生シェア世界第2位を誇っており、多くの学生が国際的に高く評価されているイギリスの大学教育を受けるために留学しています。2014年6月までに英国内にある大学に願書を出した学生の数は659,030人で、前年比4%増となってなり、過去最高の出願者数を記録しています。

特に、資金豊富な中東や東南・極東アジアからの留学生が増えており、イギリス学生寮マーケットの先行きは明るいと見込まれています。イギリスにある大学には毎年、定員を上回る願書が提出されている状況ですが、各大学は大規模な投資を行ってキャンパスの拡大を図っており、各大学が受け入れられる学生数は今後も増えていきます。

その一方で、増加する学生数に対する学生寮の供給は、英国全土で不足しています。イギリス国内にある大学のほとんどがキャンパス内外に学生寮を保有していますが、大学が保有する学生寮に入居できる学生は限られているため、入居することができなかった学生はプライベート所有の学生寮や一般的な住居を友人などとシェアすることになります。留学生を含む学生は、大学やショッピングモール、レストラン、映画館などがある繁華街から近い場所に住むことを好むため、立地が良い学生寮にはキャンセル待ちが出るほど大きな需要があります。

uk_student_accommodation_photo2

このようにイギリス学生寮投資は、増加する学生数と学生寮の供給不足によって成長を続けています。その証拠に英不動産大手のナイトフランク社は、上記のグラフにあるとおり、オフィス、工場、小売店といった種類の不動産よりも学生寮は高いリターンを生んでいると評価しています。

 

 

実質利回り保証と手間のかからない賃貸管理

世界中の投資家がイギリス学生寮を購入している理由として、実質利回り保証が付いてくることが挙げられます。有名大学が中心部に所在する学生都市にある学生寮の場合、「実質利回り7%を5年間保証」や「実質利回り9%を2年間保証」といったものが多く、これらは学生寮を開発するデベロッパーによって保証されます。

また、賃借人の募集、入退去時の室内のチェック、家賃の回収などの賃貸管理業務を現地の学生寮ビジネスに特化した賃貸管理会社に一任することが出来ます。そのため、物件を購入した後の手続きや業務に煩わしい手間や時間をかける必要がなく、保証により安定した家賃収入を得ることができます。

 

<執筆>ディフィニティブ不動産(英国) 清水泰輔

 

 

 


幻冬舎総合財産コンサルティングの運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、海外不動産に関するセミナー等の最新情報をメルマガでお届け!無料会員登録はこちらからどうぞ!