ハワイ現地研修会2014「ホテルレジデンス研修会」報告(その4)

2014年6月1日

ハワイ現地研修会2014の報告<その4>です。
※<その3>はリンク先をご覧ください。


休憩後、いよいよ「トランプフロア」と呼ばれる24階以上の超高級物件の内覧です。まずは25階の2Bedルーム+Den。先の物件と同じ部屋数ですが、こちらは155㎡もあります。売り出し価格は3億2000万円。下記の写真はDenですが、Denの一般的なイメージである「ちょっとしたフリースペース」というレベルではありません。

4-1

次は、さらに上層28階の3Bedルーム。190㎡で売り出し価格は約4億円。「目が覚めたら海」という抜群の眺望を持つ大きなベッドルームが三つあり、巨大なリビングの向こうにもワイキキの海が広がります。ホテルとして貸し出される場合は、一泊40万円のスーパースイートとなるということですが、この値段を聞けば、いったいどのクラスの部屋なのか想像がつく方もいるかもしれません。

4-2

4-3

4-4

以上で部屋の内覧は終了ですが、今回は特別に最上階(38階)のペントハウスも見せてもらいました。詳細は、今回の現地研修会に参加いただいた方だけの情報とさせていただきますが、中の写真と屋上テラスからの写真を一枚ずつお見せいたします。
4-5

4-6

これにて、今回の現地研修会のメインイベントといえるトランプ・ワイキキの内覧会はすべて終了。通常は、多くの部屋がホテル客室として貸し出されているため、これだけの部屋をまとめて見ることはできません。今回は各部屋のオーナーの了解のもと、ホテル客室としての貸し出しを事前にブロックし、11室に及ぶ内覧を実現しました(その5に続く)。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。