2014年7月5日(土)セミナーの実施報告

2014年7月7日

■2014年7月5日(土)開催セミナーのご報告

 

カメハメハ倶楽部では、7月5日(土)に会員様向けのセミナーを実施いたしましたので、ご報告いたします。

第一部では、国際税務セミナーとして、杉本俊伸氏を講師にお招きしました。杉本氏は、東京国税局の元・調査部長。昨年12月に退官するまで大企業の税務調査などを指揮された税務のプロフェッショナルであり、本セミナーにおきましては、ハーバード大学ロースクールITP(International Tax Program)修了という経歴も踏まえて多数の貴重なお話をいただきました。

また第二部では、海外不動産セミナーとして、世界最大の不動産サービス会社であるCBREの小島泰之氏をホノルルからお招きし、ハワイでの不動産投資について詳細に語っていただきました。

いずれも多数の皆様にお越しいただくことができ、大盛況の1日となりました。参加された会員の皆様、誠にありがとうございました。

セミナー光景

第二部セミナー光景

 

<第一部・国際税務セミナー>13:00~14:30


元・東京国税局部長が明かす、「海外」を活用した資産防衛法

~ 国外財産調書制度に完全対応!海外資産保有者のための最新税務対策

 

【講師】

 杉本 俊伸氏

 杉本俊伸税理士事務所 所長・税理士

 

【講演項目】

・これから準備しても実は間に合う!?国外財産調書制度の詳細

・税務当局はどのように国外財産を把握しているのか

・海外法人、非居住者制度を活用した相続・贈与税対策

・海外不動産所有によるタックスプランニングの進め方

 


<第二部・海外不動産セミナー>15:00~16:30


ハワイで始める
「日本でのタックスメリットを狙った海外不動産投資」

~5000万円台、建物比率60%超、4年で加速度償却できる物件も多数あり

 現地在住のプロが伝える、アパート・戸建て・タウンハウス・商業施設等の

 投資例&最新物件情報

 

【講師】

 小島 泰之 氏 CBRE,Inc(ホノルル)

 

【講演項目】

・知らないと損をする米国不動産取引実務

・海外不動産投資でタックスメリットが狙える理由

・なぜハワイの不動産がターゲットになるのか?

・現地の富裕層に人気のある物件のタイプ・特徴とは?

・賃貸収支と償却事例から見る節税メリットの実際

・ハワイ不動産マーケットの最新動向

・高建物比率、4年で償却できる具体的物件も多数紹介

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。