事業投資セミナー
無料

航空機・ヘリコプターリース事業投資の魅力と税務戦略のポイント

~業界のトップランナーが語る、法人・個人のための航空機所有のメリット&活用術
本セミナーは終了しました
2016年2月20日(土)15:00 - 16:30
幻冬舎本社ビル内 セミナー会場: マップはこちら
〒151‐0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分
東京メトロ北参道駅から徒歩1分
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

・航空機リース事業投資とは?一般のオペレーティングリースとの違い
・なぜ航空機が優良事業資産なのか
・世界の航空機・ヘリコプター市場の特徴と最新動向
・直接所有案件と匿名組合案件との比較
・ケーススタディでみる税効果と活用時の留意点
・米国におけるドクターヘリ事業投資の魅力

リース会社ではない、航空機・ヘリコプターの現物を扱う中山氏だから語れる、
最新の航空機・ヘリコプター投資事情!

講師
講師
中山智夫
株式会社アイ・ティー・シー・アエロスペース 代表取締役社長
株式会社アイ・ティー・シー・リーシング 取締役会長

伊藤忠商事にて、大型プロジェクト他、複数欧州航空機メーカーの日本販売総代理店として航空機の輸入販売も担当。74年パリ駐在。仏最大航空機メーカー、マルセル・ダッソー社の対日市場開拓担当、ソニー米国本社向けのビジネスジェット機の販売・引き渡し実施。77年初代伊藤忠チュニス事務所長。

80年伊藤忠退社、チュニジアで独立、ITC創業。88年本社日本移転。コア・ビジネスは航空機リース・販売事業。ターボプロップ機とヘリコプターを中心にオペリース事業を日本で先駆展開。

91年第一回東京国際航空宇宙展で航空業界を代表し皇太子殿下へご進講。ヘリコプター・データベースと機体規定業務で世界最大の米国 Helivalues 社と業務提携、航空機価格評価事業開始。96年比大統領専用機4機をリース納入。同年ワシントン DC に本部を置く国際ヘリコプター協会(HAI)の「ファイナンス&リース部会」創設、初代会長(~08年9月)。97年ブラジルの UNIMED 社に緊急医療搭載ヘリ及びターボプロップ機等をリース納入。03年HAI外部団体「中華ヘリコプター協会」創立支援、現在、中国側代表理事とともに代表理事の一人。05年、ビジネスジェット、Bombardier Global Express 機のチャーター運航管理事業進出。同年、サハリン航空向けボーイング B737型2機のオペリースを日本のリース会社として初めてロシア登録で組成。

現在、ITCアエロスペース及び ITCリーシングは、回転翼機のオペリースにおいて世界で圧倒的な強みを誇り、独立系航空機商社として乗客200人以下の各種航空機リース事業を拡大中。これまでヘリコプターを含む航空機の販売実績は200機を超し、リース案件の組成件数も190機を上回る。


中山智夫氏のセミナー一覧