【立読み/減価償却】4年落ちの中古高級車なら1年で全額経費化

2015年1月19日

 

i
本コラムは、2014年4月に刊行いたしました黄金律新書『スゴい「減価償却」』(杉本俊伸+GTAC著 幻冬舎メディアコンサルティング)の立ち読み記事(vol.14)です。全文は書籍をご覧ください。


 

社用車としては4年落ちの中古車が節税になると巷間よくいわれています。なぜ新車ではなく4年落ちの中古車なのでしょうか? それは課税の繰延の点で中古車のほうが有利だからです。新車と中古車の耐用年数を比較してみましょう。

 

まず、新車の普通車の法定耐用年数は6年です。
自動車には定率法が使えるので、取得価額1000の減価償却費を見てみましょう。

 

【1年目】 333=「1000×0・333」

【2年目】 222=「667×0・333」

【3年目】 148=「445×0・333」

【4年目】  99=「297×0・334」

【5年目】  99=「297×0・334」

【6年目】  99(未償却残高1円まで償却)

 

一方で、4年間使用した中古自動車の耐用年数は、見積法が使えず簡便法を使うとして、「6年(法定耐用年数)-4年(経過年数)+0.8年(経過年数×0.2)=2年(1年未満端数切捨)」となります。耐用年数2年の定率法償却率は1となるので、課税期間の初めの月に取得して1年間使用した場合には、その課税期間において、取得価額-1円の分、所得を減らすことができます。

 

取得価額1000の4年落ち中古車を課税期間の初めの月に取得して1年間使用した場合の減価償却費は、1000(未償却残高1円を除く)になります。

新車と4年落ち中古車の1年目の減価償却費は、1000-333=667も違うことになります。

では、中古車を利用した課税の繰延方法について、具体的に見てみましょう。

 

例えば、400万円で中古車を取得したとします。減価償却費を約400万円計上し、その分所得が減少するため、法人税の実効税率を35%とした場合、140万円の節税になり、その分の現金を節約できます。

 

2年目は減価償却費が0円になるため、前年に購入した中古車は課税期間の最初の月に400万円で売却します。売却益が約400万円得られれば、

(以下、略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続きは、書籍『スゴい「減価償却」』(杉本俊伸+GTAC著 幻冬舎メディアコンサルティング)でお読みいただけます。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

sugimotoseminar_banner