【事業承継】高騰した株価が問題となり事業承継をはばむ(2)

2014年6月5日

 

(1)相続人は後継者1人、相続財産は自社株式だけの場合の「相続税額」。例えば、自社株式の評価額が5億円の場合は、1億7300万円が、後継者の相続税額になります。

 

(2)後継者が自社株式を生前贈与で承継するときにかかる「贈与税額」。例えば、課税評価額が5億円の株式を生前贈与で一気に承継しようとすると、およそ2.5億円が贈与税額になり、贈与税率が高いため贈与税もかなりの高額にのぼります。このため生前贈与で承継する場合は、自社株式の株価を下げて相続税評価額を低く抑える対策が絶対に欠かせません。

 

(3)売買によって後継者に株式を譲渡するときにかかる「譲渡所得税額」は非上場株式の相続税評価額をベースに算出します。

自社株式の「譲渡所得税額」の税率は、譲渡益の大きさに関係なく一律20%(所得税15%+地方税5%)となります。例えば、自社株式を相続税評価額の5億円で譲渡した場合の譲渡所得税額は、9500万円となります。相続税・贈与税と比較して税金は抑えられますが、後継者に自社株式買い取り資金があるかという問題と、オーナーの手元から自社株式を減らしたにもかかわらず、現金が増加してしまうという問題が残ります。

 

株式集約に伴う問題点

買い取り資金と納税資金

 

事業承継の成功は、後継者がいかに多くの株式を承継できるかにかかっています。

 

一方で、他の相続人に対して株式以外の財産を譲るため、後継者の手元には株式以外の財産はほとんど残りません。

 

先述のように事業承継には納税や株の買い取りなどが発生します。そのため、株価が上がればより多くの資金が必要です。

 

納税方法には、

①相続税を物納する

②相続税を延納する

③納税資金を会社から借り入れる

④自社株式を会社に売却する

などの対策があります。

 

しかし、①は株式が誰に渡るかわからないリスクがあり、②と③は後継者が長期にわたって高額返済を続けなければならず、④は会社側の時価による買い取り資金の問題が生じ、いずれの対応策も節税のメリットを生むことができず、やはりいかに株価を引き下げるのかが大きなポイントになるのです。

 

 

(その1)に戻る。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。