【M&A】高く売れる会社の条件

 

ここでは、自社の魅力を最大限に引き出して、第三者(買い手)に「ぜひあなたの会社を買いたい!」と感じてもらうための心がけや準備について、要点をまとめていきます。

 

まずは高く会社を売る条件です。それは、次のような3つがあげられます。

 

①しっかりとした純資産がある

②安定した利益を出している

③買い手にとってのメリットがある

 

①は、これまでの事業で積み上げてきたもので、土地や不動産、現預金といった形になっている資産から負債を引いたものです。

 

一般に、純資産が多いほど、M&A(第三者への事業承継)の売買金額も高くなります。

 

②は読んで字のごとく、毎年の利益が安定していることです。

 

③は営業権や販売ライセンスといった、買い手が欲する権利などのメリットのことです。

 

①~③がすべてそろっていれば理想ですが、そうでなくても買い手が興味を示すことはあります。

 

純資産が少なくても収益性が高ければ売れる

 

例えば、A者は純資産が10で、利益は10の計20の価値。一方、B社は純資産が5しかありませんが、利益はA社と同じ10で、計20の価値とします。

 

つまり、①の純資産に着目すれば、A社がB社に優りますが、②の利益の観点に立てば、別の見方も可能ということです。

 

なぜなら、純資産がA社の半分しかないB社がA社と同額の利益を出しているからです。収益性を重視すれば、B社がA社に優ると考えることもできるのです。

 

純資産額よりも毎年の利益の額と収益性に着目してM&Aを検討している買い手からすれば、純資産が10あるA社より、純資産が5しかないためA社より安く買える可能性のあるB社に魅力を感じることもあるわけです。

 

③のその他のメリットも同様で、①や②の不足をカバーしてくれることがあります。

 

このように、①~③のどの点が評価されるかは、買い手の求めるところによって、ケースバイケースで変化するといえます。そのこともよく覚えておく必要があるでしょう。

 

 

syoei_maこの記事はGTAC編著
『オーナー社長のための会社の売り方』
(2013、幻冬舎メディアコンサルティング)
より転載したものです。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。