【税金対策】ゴルフだって交際費で落とせる?(2)

2014年6月30日

 

接待の2次会が屋台で、領収書をもらえなかった、あるいはもらいにくかった、という場合も心配ありません。これは交通費も同じです。そもそも飛行機や新幹線ならともかく、日常の仕事で利用したバスや電車代に領収書は不要です。その代わりに利用目的や訪問先を記録することが必要になっているわけです。飲食費についても同じように、後から確認できるメモなどを作っておけば大丈夫です。

 

たとえば、業務日誌などの備考欄に記載しておく、社内の出金伝票に内容を記したメモを添付しておく、訪問先を特定できるような交通機関の領収書を添付しておく、飲食の内容や時間も書き添えておきましょう。

 

クレジットカードで支払った場合は、明細書が領収書の代わりになりますし、振込みならば振り込み控え、または通帳の記帳でもOK。ネットから振り込んだ場合でも、画面のキャプチャーなどがあれば問題ありません。とにかく、後で提示可能な「記録」があればいいということです。

 

業界団体のパーティーなどでは、受付で代金を払うとき領収書をくれる場合もありますが、ない場合は代金が記された招待状を保管しておくなどしておけば問題ありません。万一それがなくても、あとで主催者に「参加したこと」と「金額」が確認できるものがもらえれば大丈夫です。

 

ちなみに、取引先の関係者の冠婚葬祭に使ったお金は、ご祝儀やお香典、また交通費を含めてすべて接待交際費ですが、通常領収書をもらう性質のものではありませんから、招待状やお礼状があれば問題はありません。得意先の方が入院した場合などの「お見舞い」も同様です。

 

接待旅行で、旅館の仲居さんへの「心付け」は経費になるかどうかを聞かれたことがありますが、これは当然、必要経費です。領収書をもらう人はいないでしょうが、常識の範囲内の金額であれば、接待交際費に算入してもかまいません。

 

領収書がないケースはほかにもいろいろあると思いますが、「実際に業務に関連して使った経費」である以上は諦める必要はまったくありません。どんな形でも「後で確認できる」記録を残しておけば大丈夫だということです。

 

 

(その1)に戻る。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。