【生命保険・財務】生命保険でつくる『永遠の財務調整権』とは?

2014年6月12日

 

●「変換」を使えば、新しい保険への切り替えがスムーズに

 

今日は、生命保険の「変換」制度という仕組みをご案内致します。

 

これまで支払ってきた保険の解約返戻金等を利用して、

新しい保険に入る「転換」は聞いたことがある方も多いと思いますが、

「変換」はなかなか耳にしないと思います。

 

「転換」も「変換」も新しい保険に切り替えるのは同じですが、

 

「転換」が、新たに健康診査が必要であることに対して、

「変換」は、新たな健康診査が不要なのです。

 

つまり、若くて健康なときに、

一度、保険加入の健康診査を通過してしまえば、

新しい保険に切り替えるときがスムーズであるということです。

 

多くの企業が、

 

・退職金準備

・含み益、簿外資産の形成

・節税対策

・万が一の保障

 

など、さまざまな理由で保険に加入されると思いますが、

いざ対策を講じようとした場合に、

 

・病歴等があり保険に入れない

 

というケースが多く、十分な財務対策をとれないケースがあります。

 

そういったことを防ぐために、

なるべく若いうち、健康なうちに保険に加入し、

ずっと使える「健康権」を獲得しておき、

会社のニーズや財務状況に応じて、

柔軟に保険設計を取れるようにしておくと

自在な財務対策が取れるようになると思います。

それが、この「変換」制度です。


(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.007 <執筆>GTAC 2014年6月12日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で

 

hokencenter_banner2