【生命保険・節税】資産家が活用する、保険金の賢い受け取り方とは?

2014年8月22日

 

生命保険といえば、

 

・「万が一の死亡」にそなえる、

 

という目的で加入することが一般的で、

現実に「死亡保険金」を受け取ると、税金の問題が出てきます。

 

一般的には、

 

 契約者(保険料を支払う人)が、父親

 被保険者(体の対象になる人)が、父親

 保険金受取人(保険金を受け取る人)が、子

 

の場合、受け取る死亡保険金は、子の「相続税」の対象になります。

 

ただ実際には、上記のように、

 

「父親に何かがあって、子がお金を受け取る」

 

という仕組みのすべてが税金の対象になるわけではなく、

中には、支払いの事由によっては、

税金がまったく課されない「非課税」のケースもたくさんあります。

 

(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.017 <執筆>GTAC 2014年8月22日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で

 

hokencenter_banner2