【生命保険・財産移転】保険にしかできない財産移転のメリットとは?

2014年11月28日

 

piggy-bank-390528_1280今回は、保険にしかできない

法人から個人に財産を移転するパターンと、

そのメリットをお伝えします。

 

法人を設立したものの、

「その収益をどうやって個人へ移転するか」については

永遠の悩みといえます。

 

役員報酬で移転しようとすると、

・所得税の問題

・役員報酬が高額すぎることに対する税務否認リスクの問題

 

役員賞与で移転しようとすると、

・所得税の問題

・損金に計上できない問題

 

退職金で移転しようとすると、

・退職金が高額すぎることに対する税務否認リスクの問題

・所得税の問題

・原資の準備期間の問題

 

いったん役員貸付金で移転しようとすると、

・同族会社の行為否認リスクの問題

・役員に対する実質的な所得認定の問題

・認定利息の問題

 

など、移転の方法によって様々な問題が発生します。

 

そんななか、保険による財産移転スキームにおいては、

数年後に、クリアな形で移転することができます。

 

保険による財産移転は、

 

「一時的に譲渡価値が下がる瞬間」と

「翌年度に必ず譲渡価値が上がる瞬間」を利用し、

 

株や不動産と同じような方法で財産を移転するスキームです。

 

仮に1億円の資産を移転させようと思ったときに、

(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.031 <執筆>GTAC 2014年11月28日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で

 

hokencenter_banner2