【海外活用】スリランカ中央銀行新総裁が語る展望

2015年2月3日

スリランカでは政権交代により、中央銀行総裁が新しく任命されました。新体制のもとで今後の金融政策はどう変わるのか、ロイター通信が新総裁にインタビュー(INTERVIEW – Sri Lanka’s new c.bank chief sees strong growth, chances of lower rates)を行っています。10年にわたる前長期政権のもと、経済面では安定的で高い成長率を維持してきたスリランカ。政権交代に伴い、経済・金融行政についてもトップが総入れ替えとなったかたちですが、中央銀行の総裁は今後にどんな展望を持っているのか、本当に興味深いところです。



◯低い金利を維持しつつ、インフレの安定を図る



今回、スリランカ中央銀行総裁に就任したアルジュナ・マヘンドラ氏は、インフレ期待が横ばいになれば、記録的な低水準にある政策金利をさらに下げ、またビジネスを促進するために税制の抜本的な見直しを図る、とインタビューでは述べています。



・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


こちらの記事の全文は姉妹サイト「スリランカへGO」に掲載されております。