「<医師向け>生命保険を活用した法人決算対策」セミナー募集開始のお知らせ

2019年8月24日

カメハメハ倶楽部では2019年10月3日(木)に生命保険活用セミナーを開催いたしますので、お知らせいたします。

 
【生命保険活用セミナー】
<医師向け月例セミナー>第4回/2019年10月版
生命保険を活用した法人決算対策

 
【日時】2019年10月3日 (木) 19時00分 ~ 20時30分
 
【講師】
吉永 秀史
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング  執行役員
カメハメハ倶楽部保険研究会 主席研究員
幻冬舎インシュアランスアカデミー 主宰
 
【予定項目】
※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会や旧来型の大手会計事務所組織等などからは一切提供されない
独自事例等を多数ご用意しております。

<対象となる法人様>
・縁故知人の営業のみから情報を取得しており、
 取得情報が営業に都合のよい情報ばかりになってしまう法人様
・あれこれ顧問税理士に依存している旧態依然の体質で、
 必然的に活用度合いが薄っぺらくなりやすい法人様
・非営業部門出身・本部出身の裏側の人間から、
 ネガティブ情報を含んだセカンドオピニオンを受けたい法人様

<セミナーのゴール>
・新ルールでの生命保険を活用した決算対策事例を知る
・医療法人やMS法人からの、効率的な個人への移転事例を知る
・退職金準備や福利厚生など、医療法人で多い否認事例を知る

<繰り延べ商品系の活用事例>
・出口に一クセある、100%損金タイプの活用事例
・医療法人の保険加入はほとんどがギャンブル投資。
 保険の裏側を知り、無駄を省く。医療法人やドクターの万が一の備え
・20年以上前から健在。50%損金タイプの活用事例
・海外を活用した100%損金タイプの事例気の決算対策商品とは?
・新ルールで新たに登場した40%損金の実力とは?
・生命保険以外の決算対策事例との比較論

<移転系の活用事例>
・営業マンや税理士の言う通りにやったのに、
 退職金準備や福利厚生等で、否認されてしまう事例
・50%損金や100%損金を享受しながら、個人へ低税率で移転される事例
・理事報酬で移転は「昭和」の話。
 税率27.5%を超えずに、確実に理事やご家族・ご子息へ移転される事例

<出口戦略などその他の事例>
・旧態依然のお友達コンサルがくっついていることが日常化のため活用格差は年々増加。
 保険に精通していない税理士やアドバイザーの見抜き方と実例紹介
・税務調査で実際に質問された事例と解決した事例
・2年で退職率90%超の異様な業界。1社専属、生保レディ、名ばかりFPなどなど
 出口で難民にならないための、入口での注意点とは?

本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、取材・調査の上、
紹介するものであり、保険の募集を目的としたものではございません。
また、数値や活用効果の保証をするものではありません。
 
【開催場所】幻冬舎本社ビル(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7)
 
【参加費】無料
 
【詳細・お申し込み】
https://kamehameha.jp/newseminar?id=1141#jumpto1141