「医師向け月例セミナー(3テーマ)」募集開始のお知らせ

2019年6月7日

カメハメハ倶楽部では2019年7月4日(木)、8月1日(木)、9月12日(木)に生命保険活用セミナーを3本開催いたしますので、お知らせいたします。

 
【生命保険セミナー】
<医師向け月例セミナー>第1回/2019年7月版
生命保険を活用した法人決算対策

 
【日時】2019年7月4日(木)19時00分 ~ 20時30分
 
【講師】
吉永 秀史
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング 執行役員
カメハメハ倶楽部保険研究会 主席研究員
幻冬舎インシュアランスアカデミー 主宰
 
【予定項目】
※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会や旧来型の大手会計事務所組織等などからは一切提供されない
独自事例等を多数ご用意しております。

<セミナーのゴール>
・いまだになくなっていない生命保険を活用した決算対策事例を知る
・いまだに健在。効率的な個人への移転事例を知る
・計算さえすればすぐわかる。医療法人が陥りやすいパターンを知る。

<繰り延べ商品系の活用事例>
・20年以上前から健在。50%損金タイプの事例
・回収方法がひとクセ違う、100%損金タイプの事例
・海外を活用した100%損金タイプの事例
・コミッションが低くて売らないか、扱う権利がないから売らないだけ。
 けど、ごく一部の医療法人にダントツで人気の決算対策商品とは?
・生命保険以外の決算対策事例との比較論

<移転系の活用事例>
・忙しいからといって、雰囲気と営業マンの熱意に騙されると、
 医療法人だって簡単に陥る「預金」と変わらない退職金準備とは?
・100%損金を得ながら、個人へ移転する事例
・理事報酬で移転は「昭和」の話。
 税率27.5%を絶対に超えずに、確実に個人へ移転する事例

<出口戦略などその他の事例>
・医療法人の活用格差は年々増加。
 保険に精通していない税理士やアドバイザーの見抜き方。
・税務調査で実際に質問された事例と解決した事例
・出口は結局入口で決まる。
 出口で成功するための、入口でのケア事例とは?

本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、
取材・調査の上、紹介するものであり、保険の募集を目的としたものではございません。
また、数値や活用効果の保証をするものではありません。

 
【参加費】無料
 
【詳細・お申し込み】
https://kamehameha.jp/newseminar?id=884#jumpto884


 
【生命保険セミナー】
<医師向け月例セミナー>第2回/2019年8月版
生命保険を活用した相続対策

 
【日時】2019年8月1日(木)19時00分 ~ 20時30分
 
【講師】
吉永 秀史
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング 執行役員
カメハメハ倶楽部保険研究会 主席研究員
幻冬舎インシュアランスアカデミー 主宰
 
【予定項目】
※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会や旧来型の大手会計事務所組織等などからは一切提供されない
独自事例等を多数ご用意しております。

<セミナーのゴール>
・そもそも、活用している商品の次元が医師間で全く違う事実と事例を知る
・圧倒的に「ふやしてのこす保険」で、納税資金を一気に解決している事例を知る
・90歳を超えても、相続財産評価を最小0円にして相続している事例を知る

<ふやしてのこす保険の活用事例>
・ちゃんと理解して計算すれば無駄がすぐわかる、
 大半の医師が加入している「預金」とほぼ変わらない商品とは?
・保険営業が愛と涙と熱意で販売する「掛け捨てギャンブル保険」ではなく
 2倍、3倍、5倍、10倍と確実に資産をふやしながらのこせる事例
・ふやしてのこす保険を使う上で重要な「民法3大ルール」とは?

<圧縮してのこす保険活用事例>
・認知症等が起きた後も生前贈与を完成させる仕組みとは?
・税理士にいわれたので贈与契約書を作ったが
 あっさり否認されてしまった事例とその解決策とは?
・否認が続出のタワマン節税、オフィス節税にかわる
 生命保険を活用した安定確実鉄板な圧縮対策とは?

<医療法人やMS法人・不動産管理法人等を活用した事例>
・個人に痛みがなく、納税資金を法人で準備する方法とは?
・持ち分の評価を圧縮できる事例とは?
・海外を活用した相続対策の事例とは?

本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、
取材・調査の上、紹介するものであり、保険の募集を目的としたものではございません。
また、数値や活用効果の保証をするものではありません。

 
【参加費】無料
 
【詳細・お申し込み】
https://kamehameha.jp/newseminar?id=885#jumpto885


 
【生命保険セミナー】
<医師向け月例セミナー>第3回/2019年9月版
生命保険を活用した資産運用対策

 
【日時】2019年9月12日(木)19時00分 ~ 20時30分
【講師】
吉永 秀史
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング 執行役員
カメハメハ倶楽部保険研究会 主席研究員
幻冬舎インシュアランスアカデミー 主宰

 
【予定項目】
※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会や旧来型の大手会計事務所組織等などからは一切提供されない
独自事例等を多数ご用意しております。

<セミナーのゴール>
・資産運用で成功している医師は、そもそもそこに手を出さないという事例を知る
・ボッタクリ手数料の資産運用型保険の見極め方を知る
・ハワイ等の海外不動産で出口難民が増える中、保険と他の投資との比較論を知る

<固定金利タイプの商品>
・10年で130%、15年で140%など、
 運用成果を約束する商品とその落とし穴とは?
・毎年2%・3%・5%等と配当を約束する商品とその落とし穴とは?
・違法だが、銀行融資とバーターで、保険の契約を依頼してくる銀行員に対して
 医師がどう対処してあげたらいいかを知る

<変動金利タイプの商品>
・同じ運用先であるのに、10年で2倍の運用成果の格差。
 愛と涙と熱意の営業で、まんまとボッタクリ手数料に引っかかった多くの医師の事例とは?
・忙しい医師に人気。勝手に預けて、勝手にレバレッジ6倍かけて、
 勝手に毎日スイッチングして、勝手に早期満期になるAI投資の仕組みとは?
・99.9%が契約後に行方不明になる海外保険。
 海外の生命保険の活用事例とその注意点、国内保険との比較論を知る。

本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、
取材・調査の上、紹介するものであり、保険の募集を目的としたものではございません。
また、数値や活用効果の保証をするものではありません。

 
【参加費】無料
 
【詳細・お申し込み】
https://kamehameha.jp/newseminar?id=886#jumpto886