『認知症対策特化型「金融資産信託サービス」の使い方』募集開始のお知らせ

2019年11月11日

カメハメハ倶楽部では2019年12月3日(火)に無料セミナーを開催いたしますので、お知らせいたします。

 
【資産運用セミナー】
認知症対策特化型「金融資産信託サービス」の使い方

~認知症対策には絶対的な効果、机上の空論ではない「本当に使える民事信託」を徹底解説~

 
【日時】2019年12月3日 (火) 17時00分 ~ 18時30分
 
【講師】
冨中 則文 
株式会社幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長
 
【予定項目】

<このようなお悩みをお持ちの方、ぜひご参加ください>
認知症対策特化型「金融資産信託サービス」をご検討いただきたい方々
●金融資産を抱える高齢者ご自身の悩みや以下の不安がある方
– 判断能力の低下への不安
– 金融機関の対応への不満(高齢者ルール等)
– 相続発生時の不安
– 事業・資産承継の悩み

●高齢者の親御さんのいるご家族等で以下の不安がある方
– 変な商品を購入していないか、騙されたり詐欺にあってないか不安
– 保有している商品等を理解しているか不安
– 本人(親御さん)の判断能力が衰えたときにどうしたらいいか不安

<セミナーでお話すること>
・日本の超高齢化社会の現状
・超高齢化社会における懸念、認知症の問題とは?
・貯蓄額の約7割は60代以上の世帯が保有している現実
・高齢の認知症罹患者の資産管理の問題、資産凍結のリスクとは?
・代理人制度、成年後見人制度では十分な認知症対策ができないワケ
・認知症対策に効果的な「民事信託」
・有価証券を活用した民事信託の活用事例
・認知症対策特化型「金融資産信託サービス」とは?
・認知症対策特化型「金融資産信託サービス」を設定するには?
・税対策も含めた資産承継スキーム(複層化)も公開

★個別相談会も開催しております。
詳細、お申込みはこちらから

【開催場所】幻冬舎本社ビル(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7)
 
【参加費】無料
 
【詳細・お申し込み】
https://kamehameha.jp/newseminar?id=1353#jumpt1353o