資産運用
無料

【※オンライン開催(LIVE配信)】
<緊急開催>新型コロナ・ショックの影響を解説!
ウィズコロナをリードすべく奮闘を続ける『オーストラリアの最新事情や投資環境』を徹底解説!

~約80兆円*のグローバル資産運用会社、レッグ・メイソンだから語れる「投資対象」としてのオーストラリアの魅力

*2020年3月末時点為替は三菱UFJ銀行の2020年3月末時点1米ドル=108.83円で換算
2020年8月4日 (火) 15時00分 ~ 16時00分
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
 マップはこちら
 
<アクセス>
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※ZOOMを使用してLIVE配信を行います。
ご視聴いただくためには、お申し込み後、セミナー毎にZOOMへのご登録が必要となります。
事前にご登録いただくと、当日のご視聴がスムーズに行えます。
視聴方法につきましてはお申し込み後、別途ご案内いたします。


●世界の中でもいち早くコロナパンデミックの抑制に成功したわけとは?
●新型コロナウイルス感染状況
●経済対策とマクロ経済状況
●マーケット状況・株式編
●マーケット状況・為替編
●今が投資のタイミングか?
●対中国摩擦はどう展開するのか?

講師
講師
長田 浩一 氏
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社 常務執行役員
社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員

1988年、野村證券入社。10年間支店での個人営業に従事した後、1998年に国際投信投資顧問入社。銀行窓販開始から一貫して同業務に携わり、勉強会やセミナーを通じ、毎月分配型ファンドのコンセプト普及とグローバル・ソブリン・オープンの拡販の中核を担う。2001年、シティ・グループ・アセット・マネジメント(現レッグ・メイソン・アセット・マネジメント)入社。全国各地年間250回以上の勉強会・セミナーを、20年以上にわたり毎年実施してきている人気講師。また、現地調査・情報収集のためブラジルやオーストラリアへも毎年のように訪問している。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら