保険
無料

ちまたのデマや誤解を排除し、
実例を正しく知る
「生命保険の名義変更」最新事例

~生命保険にしかできない決算・分散・相続対策<2019年10月版>
2019年10月30日 (水) 19時00分 ~ 20時30分
幻冬舎本社ビル 3号館セミナー会場 マップはこちら
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
東京メトロ北参道駅1番出口から徒歩1分
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分

※セミナー会場に駐車場のご用意はございません。
公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。
※最寄駅の北参道駅は、副都心線急行電車は停車いたしませんのでご注意ください。

カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会や旧来型の大手会計事務所組織等などからは一切提供されない
独自事例等を多数ご用意しております。


<セミナーのゴール>
・新ルールにおける生命保険の名義変更の仕組みを知り、
 令和時代の法人決算に活用できるようになる
・名義変更の仕組みを、相続納税資金対策に活用できるようになる
・事実の実例を知り、ちまたの営業や税理士などの
 未経験や非専門分野等から生じる、適当な案内やデマから卒業する


<名義変更の基本を知る>
・法人→個人、個人→個人など、
 生命保険の名義変更スキームとその根拠となるルールとは?
・譲渡、贈与、相続など、
 パターンで大きく変わる、名義変更後の手残りの事例を解説
・名義変更に実績がなく、知ったふりして
 適当な回答をする保険営業や税理士はどこでどう見分けたらいいのか?


<決算期に多い事例を知る>
・新ルールにおいて、
 実質100%損金として活用される名義変更タイプの保険とは?
・旧ルールと新ルールを組み合わせた
 名義変更スキームによる出口戦略とは?
・20年以上前から続く、50%損金商品の名義変更スキームとは?

<相続対策としての事例を知る>
・否認続出のタワマン節税にかわる、
 90歳でも100歳でも可能な相続対策事例とは?
・特別な商品がネットにのらず、金融機関からも提案されない理由を知る
・税務調査で活用される、最高裁判例や国税不服審判所の裁決事例を知る


本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、取材・調査の上、紹介するものであり、
保険の募集を目的としたものではございません。また、数値や活用効果の保証をするものではありません。

講師
講師
小堀 雄輝
株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング

宇都宮市出身。法政大学卒業後、大手外資系保険会社に入社。主に、保険代理店向けの営業支援業務を行い保険会社の営業戦略、プロモーション手法など、保険会社の裏事情を知る。
商品導入や税法・各種法改正等に関するサポートなど、営業支援を行った保険代理店は従業員1000人規模の全国規模の大型代理店、銀行系代理店、税理士代理店など多岐にわたる。
また、大手金融機関の本部への出向経験もあり、保険会社本部と現場の両方を経験した希少なキャリアを持ち、通常一般には広まらない情報を多く把握している。情報が格差なく届くよう、正確かつ分かりやすい情報提供を心がけている。
*CFP、証券外務員一種、MBA(経営学修士)の資格を保有。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら