相続・事業承継
有料

民事信託を正しく活用するための
専門家選びと「信託契約書」作成のポイント

~数多くの民事信託の実務に関与してきた弁護士と専門家が解説する、
民事信託の「検討」「設計」「開始」までの具体的な手順
2021年5月26日 (水) 13時00分 ~ 14時00分
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
 マップはこちら
 
<アクセス>
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※ZOOMを使用してLIVE配信を行います。
ご視聴いただくためには、お申し込み後、セミナー毎にZOOMへのご登録が必要となります。
事前にご登録いただくと、当日のご視聴がスムーズに行えます。
視聴方法につきましてはお申し込み後、別途ご案内いたします。


<検討>
・なぜ民事信託なのか?
 ―資産管理と承継において遺言や後見では難しいことが
  民事信託なら対応できることは?
・民事信託の検討から開始までに行う具体的な手順
<設計>
・どんな専門家に相談するとよいか
 ―民事信託をつくる上での専門家の役割とは?
 ―気をつけたい強引な誘導・説得
・民事信託を設計する際の注意点
・信託契約書等の作成を法律の専門家に依頼するときに気をつけたいこと
<開始>
・信託した資産は分別管理が必須。その方法は?
・資産ごとに分別管理の注意点
 ―不動産、金融資産、経営する会社の自社株

【参加費】3,000円

講師
講師
山口 正徳 氏
岡田綜合法律事務所 代表弁護士
東京弁護士会 信託法研究部 現部長

1984年明治大学法学部法律学科卒業
1994年弁護士登録(司法修習46期)、岡田綜合法律事務所入所
2005年10月~2009年9月 東京簡易裁判所民事調停官
2010年10月~ 東京簡易裁判所民事調停委員

一般社団法人民事信託活用支援機構・理事。ひまわり信託研究会メンバー。
著作『まわり信託研究会による「信託法からみた民事信託の手引き(新刊)」『信託法からみた民事信託の実務と契約書例』(日本加除出版)、民事信託活用支援機構による『民事信託受託者の実務』(日本法令)『パッと分かる信託用語・法令コンパクトブック』(第一法規)などの執筆に参加している。



講師
石脇 俊司 氏
一般社団法人民事信託活用支援機構 理事
株式会社継志舎 代表取締役

外資系生命保険会社、日系証券会社、外資系金融機関、信託会社を経て、平成28年に継志舎を設立。
金融機関での経験を活かし、企業オーナー等の資産承継対策の信託実務を取り組む。会計事務所と連携した企業オーナーや資産家への金融サービスの提供業務にも経験が豊富である。
著書に『税理士が提案できる 家族信託 検討・設計・運営の基礎実務』(共著 税務経理協会)『民事信託を活用するための基本と応用』(大蔵財務協会)『信託を活用した ケース別 相続・贈与・事業承継対策』(共著・日本法令)『「危ない」民事信託の見分け方』(共著・日本法令)がある。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら