資産運用
無料

世界的名門ヘッジ・ファンドによる
長期アブソルート・リターンの追求とは?

~米国での量的緩和縮小とインフレ圧力が強まる中で注目される資産防衛術

※アブソルート・リターンとは
主にヘッジ・ファンドが用いている専門用語で、「絶対収益」とも言います。
「絶対収益」の意味は「絶対に収益をあげる」という意味ではなく、「相対」の反意語として「絶対」という言葉を使っています。
「市場のリターンに対する相対的なリターンではなく、絶対的なリターンを得ようとする」投資戦略を意味します。
2021年11月25日 (木) 17時00分 ~ 18時00分
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
 マップはこちら
 
<アクセス>
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※ZOOMを使用してLIVE配信を行います。
ご視聴いただくためには、お申し込み後、セミナー毎にZOOMへのご登録が必要となります。
事前にご登録いただくと、当日のご視聴がスムーズに行えます。
視聴方法につきましてはお申し込み後、別途ご案内いたします。


・世界的名門ヘッジ・ファンドへアクセスするには?
  -ヘッジ・ファンド・アクセス・プラットフォームの利用
  -投資スキームの全容
・マルチ・ストラテジー・ファンドによるアブソルート・リターン戦略の例
  -分散された投資戦略による安定的「市場中立型リターン」の実現
  -20数年に及ぶマイナス・リターンを抑えた運用実績
  -運用会社の長期的経験と規模の効果による機動的投資戦略のアロケーション
・ロング・バイアスの株式ロング/ショート・ファンドによる
 グローバル・エマージング企業への投資
  -エマージング企業の中長期的株価上昇ポテンシャルの取り込みと、
   ショートポジションによる下値抵抗力
  -世界最大規模運用会社のリサーチ力とリスク管理ノウハウの活用

講師
講師
髙橋 文行 氏
くにうみAI証券株式会社
執行役員 オルタナティブ・インベストメントプロダクト部(AIP)部長

・野村総合研究所(ニューヨーク勤務を含む)、モルガン・スタンレー証券、シティグループ証券(マネジング・ディレクター)、バークレイズ証券(マネージング・ディレクター)などを経て、独立系証券役員に就任。2021年4月にくにうみAI証券株式会社に入社
・金融証券市場の分析や金融商品の開発に加え、資産運用に関する分野などにおいて、30年近くの経験を積む伝統的な資産運用に加え、オルタナティブ資産運用に関する研究、及び運用商品の開発とマーケティング活動を行う
・慶應義塾大学大学院修了(経営・会計学専攻)、米国ミネソタ大学大学院修了(航空宇宙工学専攻)



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら