海外活用
無料

【大阪会場】「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情
2018年12月2日 (日) 16時50分 ~ 17時30分
イオンコンパス 大阪駅前会議室
(大阪駅前第2ビル15階 Room A) マップはこちら
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-2-2
大阪駅前第2ビル15階
<アクセス>
東西線「北新地駅」直結、「大阪駅」より徒歩3分
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資
・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情
・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?
・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?
・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資
・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

講師
講師
長谷川 建一 氏
Nippon Wealth Limited(NWB/日本ウェルス) CIO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。
シティバンク日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。
2004年末、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に移り、マーケティング責任者として活躍。2009年からはアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。
2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)を創業し、COOに就任。2017年3月よりCIOを務める。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら