海外不動産
無料

ITマネーが流れ込む「エストニア」と
住宅不足が社会問題化する「ドイツ」不動産投資の最新事情

~27ヶ国78都市を視察した海外不動産投資の先駆者だから語れる、欧州不動産投資のポイント
2019年5月15日 (水) 17時00分 ~ 18時30分
幻冬舎本社ビル 3号館セミナー会場 マップはこちら
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
東京メトロ北参道駅1番出口から徒歩1分
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分

※セミナー会場に駐車場のご用意はございません。
公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。
※最寄駅の北参道駅は、副都心線急行電車は停車いたしませんのでご注意ください。
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

<ドイツ>
・外国人が不動産を取得することに制限のないドイツ。そのマーケットの特徴と最新動向
・投資目的にあったエリア、物件選びのポイント
・ローンの活用も可能。ドイツ不動産購入にかかるコストと具体的な手続き
・最新物件情報も多数

<エストニア>
・「IT先進国」といわれているエストニア共和国とは、そもそもどんな国なのか?
・エストニア不動産市場の概況&投資対象としてどうみるか?
・2014年12月に始まったe-Resident(電子国民)とは?不動産投資における活用法も解説
・注目の最新物件も公開

講師
講師
市川 隆久 氏
株式会社国際不動産エージェント 代表取締役社長

国際不動産コンサルタント

1961年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。
1984年株式会社リクルート入社後、株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)へ転籍。25年間の在籍中、不動産営業・マーケティング・商品企画に従事。その後、海外不動産の販売に従事し独立。世界各国の不動産を視察、販売・セミナー講師を務める。
30年のデベロッパー経験を活かし独自の不動産マーケティング理論を組み合わせた分析を得意とする。27ヶ国78都市の不動産を視察し現在も毎月海外視察を継続中。わかりやすい解説と不動産マーケットを知り尽くした深い視点からの語りが好評。
宅地建物取引士。公認不動産コンサルティングマスター。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら