あらゆる事態を想定した「不動産投資の収支」大研究<第2弾>キャッシュフローの変化をシミュレーション

あらゆる事態を想定した「不動産投資の収支」大研究
<第2弾>
キャッシュフローの変化をシミュレーション

~金利が上昇した場合は?借入割合ごとのリターンは?
メガ・大手地銀出身の不動産鑑定士が、パターン別に解説
不動産投資の収支を深堀り
~キャッシュフローの変化をシミュレーション~

1.借入を行った場合と借入を行わない場合の投資リターン
2.金利が上昇した場合のリターンの変化
3.借入割合ごとのリターン
4.キャッシュフローの変動
―収入悪化や経費の増加
5.最終的な売却価格による投資リターンの変動

※Zoomを使用してLIVE配信を行います。

セミナー詳細

国内不動産
日程
2024年7月23日(火)
11:00 ~ 12:00
セミナー形式
WEB
会場
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。  
参加費
無料

セミナー講師

講師2
ティー・コンサル株式会社
代表取締役 不動産鑑定士・1級ファイナンシャルプランニング技能士
小俣 年穂 氏

1978年東京都出身
中央大学経済学部卒
大学卒業後、不動産鑑定業者にて鑑定業務、不動産ファンドビジネスに従事。その後、金融の視点から不動産の価格形成を理解するため銀行(三井住友銀行)へ転職。融資業務、与信管理業務、アセットマネジメント業務(出向先にて)に従事したのち、個人富裕層向けコンサルティング業務に従事。アパートローン融資、資金運用、税金対策、遺言作成など承継対策業務を幅広く経験。
その後、横浜銀行に転じ本部所属のうえ担当地区内のコンサルティング能力向上、富裕層取引の拡大などで貢献し頭取表彰も受賞。2022年にティー・コンサル株式会社を創業。金融に精通した不動産専門家として、多くの資産家(地主・経営者)や専門家(弁護士・税理士)からの相談を受けオーダーメイド型の問題解決を行っている。また、不動産鑑定士として銀行、税理士、上場企業などから依頼を受け不動産評価にも取り組んでいる。

セミナー申込み