生命保険活用セミナー
無料

会社の資産がゼロになる!? 間違いだらけの決算対策<生命保険活用編>

~営業マンは絶対に教えてくれない「全社・全商品比較ができない」理由
本セミナーは終了しました
2017年10月24日(火)17:00 - 18:30
幻冬舎本社ビル内 セミナー会場: マップはこちら
〒151‐0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分
東京メトロ北参道駅(1番出口)から徒歩1分
※本セミナー会場は、幻冬舎の「2号館3階」を予定しております。
 大変恐縮ですが、2号館にエレベーター設備の用意がございません。
 昇降の際は階段をご利用いただきますので、
 あらかじめご了承ください。
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、
また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

●商品選択における間違い
・なぜ、営業マンは、全額損金はないと嘘をつくのか?
・全額損金商品は、全社比較が必要なのに、なぜ営業マンは全社出さない(出せない)のか?
・間違いを起こさない、全額損金商品の正しい比較の仕方
・営業マンの虚偽説明により、契約者の大半が勘違いしてる50%損金のメリット・デメリット
・50%損金で間違いを起こさない、活用法・比較法とは?

 

●出口戦略における間違い
・間違いだらけNO.1の出口戦略
・1期で2期分の損金を作る方法とよく起きる間違い
・手出しゼロの損金作りとよく起きる間違い
・保険料ローン、保険証券ローンの利用でよく起きる間違い
・99.9%の営業マンが出口戦略をしっかり話せない原因とは?
・保険会社に聞いても言葉を濁される出口戦略の典型例

 

●アドバイザー選択の間違い
・営業マンや代理店によって、なぜ、同じパンフレットなのに、契約条件が違うのか?
・カモにされない、保険アドバイザーの選び方・付き合い方とは?
・保険営業マンや税理士、金融機関が引き起こす様々なトラブルの実例
・取扱商品も限定されている、保険のプロでない税理士に保険の相談をしてはいけない理由とは?

 

本セミナーは、一般的に実施されている保険活用事例を、取材・調査の上、紹介するものであり、保険の募集を目的としたものではございません。

 

講師
講師
吉永秀史
GTAC 執行役員 CFP・1級FP 行政書士

鹿児島市出身。1999年鹿児島大学法文学部卒業
大手ノンバンクでの債権回収業務を経て、FP・行政書士の資格を24歳で取得後、税理士事務所、保険専業代理店等での保険販売・FPコンサルティング業務に携わる。
保険会社時代には、銀行・証券等の金融機関代理店をはじめ、日本全国の保険代理店の販売サポートに携わり、業界や保険代理店経営の裏事情に精通。
セミナーでは、他に類をみない、年間1000名以上の参加者が集まり、相談における取扱金額は100億円を超え、依頼は後を絶たない。
縁故知人による相談や契約が多い業界のため、「売り手都合のセールストークの拡販」や、「嘘偽り情報」「意図的な情報の隠匿」が拡大する「情弱ビジネス」になりやすい現状の中、保険会社内部事情、営業の現場事情に関係なく、国内外の様々なスキームとも比較して、公平・正直に情報を伝えることを心がけている。
宅地建物取引士、証券外務員、貸金業の資格も保有。行政書士として、会社設立や遺言等の官庁法務書類作成もサポート。
★2016年度、2017年度、2018年度MDRT米国本部最高資格・TOT会員
 *MDRT(Million Dollar Round Table )
 *TOT(Top of the Table)


吉永秀史氏のセミナー一覧