相続・事業承継セミナー
無料

国際税務専門の異色弁護士による「国際相続」の最新事情と想定リスクへの対策

~米国本土・ハワイの事例を中心に、国際相続で起こり得る問題とその対策を解説
本セミナーは終了しました
2017年9月27日(水)17:00 - 18:30
幻冬舎本社ビル内 セミナー会場: マップはこちら
〒151‐0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分
東京メトロ北参道駅(1番出口)から徒歩1分
※本セミナー会場は、幻冬舎の「2号館3階」を予定しております。
 大変恐縮ですが、2号館にエレベーター設備の用意がございません。
 昇降の際は階段をご利用いただきますので、
 あらかじめご了承ください。
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

・米国に財産を所有。相続時に想定される問題とは?
・父親が米国に居住。相続が発生した場合は、どこの法律に準拠する?
・典型的な事例で見る、国際相続を見据えた相続対策の基本的な組み立て方
・日本の信託と米国のリビングトラスト、国際相続ではどこまで有効なのか?
・父親の組んだ米国のリビングトラストが遺留分を侵害。遺留分は取り戻せるか?/他

講師
講師
木村 道哉
アカマイ法律事務所 代表弁護士

1978年兵庫県神戸市生まれ。灘高校、早稲田大学法学部、中央大学ロースクールを卒業。ちば松戸法律事務所、IN CONTROL LEGAL SUPPORT SERVICES、税理士法人山田&パートナーズ、弁護士法人Y&P法律事務所を経て、2016年9月にアカマイ法律事務所を設立。東京弁護士会遺言信託部・不動産法部に所属し、一般社団法人ジャパン・タックス・インスティチュート「文化インフラ構築と税制」研究会では事務局を担当。著作として「国際相続の税務・手続 Q&A 第2版」(中央経済社、共著)がある。現在は、相続・事業承継のほか、M&A・労務・知的財産権などの企業法務、国際案件等に取り組んでいる。


木村 道哉氏のセミナー一覧