資産運用
無料

【※オンライン開催(LIVE配信)】
スイス仕組債取引所における
マーケットシェアNo.1のレオンテックによる
「デリバティブ・仕組債の知識と投資アイデア(基礎編)」

~デリバティブ専業の証券会社が語る、他では聞けない仕組債の商品事例~
2020年10月8日 (木) 11時00分 ~ 12時00分
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
 マップはこちら
 
<アクセス>
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※ZOOMを使用してLIVE配信を行います。
ご視聴いただくためには、お申し込み後、セミナー毎にZOOMへのご登録が必要となります。
事前にご登録いただくと、当日のご視聴がスムーズに行えます。
視聴方法につきましてはお申し込み後、別途ご案内いたします。


<以下の項目に1つでも当てはまる方はご参加ください>
◇仕組債の内容がよくわからない方
◇デリバティブの内容がよくわからない方
◇複雑と言われる仕組債のスキームと注意すべきポイントを理解したい方
◇金融機関から仕組債を提案されている方、既に保有されている方
◇海外で販売されている仕組債の内容が知りたい方
◇デリバティブのポイントを知り、オリジナルの仕組債をつくってみたい方

<セミナーでお話すること>
(基礎編)デリバティブ・仕組債の基礎と投資アイデア
◇発行体としてのレオンテックとは?
-スイス最大級の上場ストラクチャード商品発行体
-デリバティブ専業であるからこその組成パートナー
◇複雑なデリバティブ(金融派生商品)とは?
-デリバティブの目的(リスクヘッジ、スペキュレーション、裁定)
-デリバティブの誕生と発展の歴史から知る本来のデリバティブ
-売買の予約を行う取引、先物/先渡取引とは?
-オプション取引とは原資産を将来特定の価格で売買する権利の取引
-キャッシュフローを交換するスワップ取引と実際の活用例
◇仕組債のプロから見た仕組債とは?
-仕組債は債券にして債券にあらず!
-仕組債の位置づけと一般的な債券との違い
-金融緩和とカネ余りから誕生した仕組債の歴史と発展
-仕組債投資の意義と様々な仕組債(EB債、デュアルカレンシー債)
-仕組債のリスク

★本セミナーは、基礎編と応用編の2部構成となっております。
応用編は、10月28日(木)11:00~12:00に開催いたします。
詳細はこちら

講師
講師
久保 智 氏
レオンテック証券 代表取締役社長

1996年 早稲田大学政治経済学部卒業、東京三菱銀行(現 三菱UFJ銀行) 入行
1999年 東京三菱証券(現 三菱UFJモルガン・スタンレー証券) 出向 (金融開発部)
2000年 ゴールドマン・サックス証券 移籍、金融商品開発部・ホールセール・ソリューション部・ファンド商品営業部の要職を歴任。2007年12月以降はマネージング・ディレクターを務める。
2016年 レオンテック日本ビジネス立ち上げのためレオンテック香港にマネージング・ディレクターとして入社
2018年 レオンテック証券株式会社 代表取締役社長 就任



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら