資産運用
無料

現役ヘッジファンドマネジャーが特別登壇!
10年超ニューヨークを拠点に戦う独立系運用会社CEOが語る「ヘッジファンド投資」の魅力と活用法

~リスクを抑え10%超のリターン目指す株式ロング/ショート戦略を限定公開
2021年2月10日 (水) 11時00分 ~ 12時00分
本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
 マップはこちら
 
<アクセス>
カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

※ZOOMを使用してLIVE配信を行います。
ご視聴いただくためには、お申し込み後、セミナー毎にZOOMへのご登録が必要となります。
事前にご登録いただくと、当日のご視聴がスムーズに行えます。
視聴方法につきましてはお申し込み後、別途ご案内いたします。


・ヘッジファンド投資とは:資産形成における役割と活用術
・投資哲学:大切なのは資産の保全及び増加
・株式ロング/ショート戦略とは:マーケット下落時への対応
・長期投資の為の銘柄選択:2-3年後の投資対象の姿を見通す
・世界経済見通しの分析方法:金融市場は経済見通しにどう反応するのか
・金融市場のシグナルを理解:経済新聞や己の考えは無視。市場の声を聞け

講師
講師
福田 崇人 氏
153 Capital LP 代表取締役/最高投資責任者

日本で生まれ、ドイツで4年、英国で3年、フランスで2年間生活し、2008年からは米国に居住。慶應義塾大学で法学士号、ニューヨーク大学ロースクールで法学修士号を取得。2003年にニューヨーク州弁護士登録。大学入学前は、フランスのセミプロサッカー選手。
2004年から2008年初めに東京のドイツ証券株式会社の投資銀行部門に勤務し、クロスボーダーM&Aとエクイティ・ファイナンス業務に従事。ドイツ証券在籍中、同地域でベスト・パフォーマンスを挙げたアナリストとしてEquity Compensation Awardを受賞。
その後2016年初頭まで、ニューヨークの「Kylin Management LLC」(以下、「カイリン社」)のシニア投資メンバーとして、アジア株式のロング/ショート投資を担当。カイリン社はTiger Management LLCの流れを汲み、退職当時、運用資産25億ドルのアジアロング/ショートのヘッジファンド。ボトムアップ、ファンダメンタル調査と分析、銘柄選定の推奨、投資規模、株価の下限と上限の設定を担当。カイリン社では長年にわたり、複数のブ ル・ベア相場を経験し、両相場でアルファ(対市場平均超過収益)を創出。2017年から現職。

【153 Capital LPについて】
2017 年 10 月 30 日に運用を開始。ヘッジファンドの本場ニューヨークにて、日本人が創業、Chief Investment Officer (以下「CIO」)を務める唯一のヘッジファンド。運用資産の大半を日本の公開株式に投資、運用戦略は株式ロング・ショート。



本セミナーは終了致しました


会員登録がまだの方はこちら