海外不動産
無料

日本人も投資可能「インドネシア・バリ島不動産」の最新事情

~リゾート向けのショートステイ「中古ヴィラ」という独特のマーケットを形成するバリ島最新事情を、現地専門家から学ぶ
2018年12月1日 (土) 11時00分 ~ 12時00分
幻冬舎本社ビル 3号館セミナー会場 マップはこちら
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
<アクセス>
東京メトロ北参道駅1番出口から徒歩1分
JR代々木駅・千駄ヶ谷駅から徒歩7分

※セミナー会場に駐車場のご用意はございません。
公共交通機関のご利用をお願い申し上げます。
※最寄駅の北参道駅は、副都心線急行電車は停車いたしませんのでご注意ください。

カメハメハ倶楽部の会員向けのセミナーとなります。
会員以外の方は、こちらより会員登録(無料)をお申し込みください。
予定項目

●なぜ今、インドネシア・バリ島の人気が再燃しているのか?
●利回り15%超物件もあるバリ島の不動産事情
●バリ不動産投資の具体的な手順と留意点
●不動産契約の重要プレイヤー「ノタリス」とは?
●注目の物件情報も公開

講師
講師
島本 良乍
バリ島現地法人ASA PROPERTY
代表

不動産業との関わりは35年。
大学在学中に不動産屋の社長の鞄持ちを始め、一通りの不動産知識を身につける。
その時「不動産は仕入れが命」と学び、いい物件をいかに安く仕入れるか、を追求する。金融機関の債権整理、弁護士の管財物件、権利関係が複雑な物件、差し押え物件、相続物件などを手がけ、業者向けに物件を供給するようになる。
その後、不動産物件の供給元となったことで事業は順調に成長する。しかし、日本社会の少子化、インターネットや法整備の普及により成熟化する日本の不動産業界の限界を感じ、2011年、東日本大震災を機に海外への事業展開を決意。
以前より検討していたバリ島にて不動産業を始め、ASA PROPERTYを開業する。
日本にて、業者向けに物件を供給していた経験が、安く仕上げる交渉、優良物件の目利き、に強みを発揮し、順調に業績を伸ばしている。


島本 良乍のセミナー一覧


セミナー申し込み

会員登録がまだの方はこちら