【M&A】「売りたい」と思ったときは、売り遅れのことも多い(2)

2014年5月24日

 

買い手は、相手がなぜ売るのか?と考えるもの

 

「高く売りたい会社」と「高く売れる会社」は客観的に見て異なります。

 

買い手は、当然のこととして売り手の現在と今後の可能性をあらゆる面から調べます。「現在の価値は?」「今後の成長性は?」「業界や業種のトレンドは?」「業界を取り巻く法令等の変化は?」・・・・・。

 

同時に、売り手に後継者が不在なのはどうしてだろうとも考えます。

 

会社の借金が多く、負担に感じている、業界が長期低迷し、今後の行く末に悲観的など、差し迫ったマイナスの事情が多いほど、当然のこととして高い売り値は期待できません。

 

繰り返しますが、そのような諸問題がクローズアップされないうちに売りに出せるのが、「高く売れる会社」という観点からは正解であることが多いのです。

 

近年、物販などのインターネットサイトを売買する事例が増えています。

 

広い意味ではこれもM&Aの一つといえますが、買い手としては、ネット通販業界への進出やネットでのブランディングを期待してのものです。

 

これらのケースでは、売り手のオーナー社長のなかには、まだまだ働き盛りの若い人たちも少なくありません。

 

そのようなオーナー社長は、いったん会社を売って軍資金をつくり、しばらく休んだ後で別の会社を創業したり、海外に留学したりします。

 

余裕を持って自身の環境をリセットする。そんな生き方も参考になるのではないでしょうか。

 

 

(その1)に戻る。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。