【生命保険コラム】 相場で負けても手残りで勝つ仕組みとは?

2015年7月10日

 

insurance080渦中のギリシャだけでなく、ここ数日は、中国株式市場の混乱が世界のマーケットに大きな影響を与えています。日本の不動産市場を支えている、とも言われる中国マネーの動向は気になる方も多いでしょう。

 

そんな中、生命保険の世界においても、

 

・日本株式に投資している商品

・世界株式に投資している商品

 

をはじめ、中国株から大きな影響を受けるマーケットに投資している商品があります。

 

投資商品ですので、日々時価が変動します。
1億円投資したら、5000万円になるときもあれば、2億円になるときもあります。

 

今回の中国のように投資先市場に大きな動きなどがあると、1億円の投資額が、5000万円の時価になることもありますが、そんなときに生命保険でよく取られる戦略は「名義変更」です。

 

これは、1990年前後の日本のバブル崩壊、2000年前半のITバブル崩壊、そして、2008年のリーマンショック時にも

(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.054 <執筆>GTAC 2015年7月10日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で