【M&A】M&Aは廃業・清算と比べると、こんなにおトク(1)

2014年6月16日

 

後継者が見つからないオーナー社長のなかには、事業の廃業・清算を考える人もいるかもしれません。しかし、そんな考えは安易で早計というものです。

 

まず、会社の価値についてですが、誰が見ても将来にわたって利益を生み続けそうな会社はいうまでもなく、「それほどでもない」と本人が考える会社でも、他社(他者)から見れば「ぜひとも買いたい」思う価値が見出されるケースがあります。

 

社長本人にも気付かない価値があることも

 

昨今、辺鄙な海辺の漁師民宿や有料農業体験をセットにした山奥の宿泊施設などが人気になっています。地方の人が自分ではさほど価値がないと思っていた立地や暮らしが、都会の住人からすれば価値あるものになるというわけです。

 

企業間のM&Aでも、全く同じことがあり得ます。例えば、稼働率が下がる一方の地方都市の生産工場や倉庫が、新たな物流拠点を探している都会の大手物流企業には宝のように見えることがあります。

 

また、医薬品などの販売ライセンスが魅力となって買いたいという会社が現れることもあります。

 

同業種や同一エリアの企業にはさほどの価値がないと思える会社でも、異業種や活動エリアの異なる企業から見れば、M&Aによるシナジー効果が見込めるといったケースは、実際に多いのです。

 

そういったことは、社長が一人で考えても思いつかないことが多いものです。M&Aコンサルティング会社など、信頼の置ける第三者とうまく付き合うことで、自社の価値を再発見することも可能となります。

 

M&Aをためらう社長の中には、「面倒で複雑」といった心配をする人もいます。この点も、M&Aコンサルティング会社のアドバイザーに相談することで、適切なアドバイスをもらうことができます。

 

 

(その2)に続きます。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。