【M&A】価値の動きやすい資産や不良資産はきっちり整理しておく(2)

 

法律や法令の基準とマッチしているか

 

不動産や在庫、売掛金などの不良資産以外にも確認しておくべき点があります。それは、事業内容が関連法令を遵守しているか、ということです。特に「安心・安全」に関わるような事業分野は要注意です。

 

薬事法や食品衛生法は医薬品や食品の店舗販売だけでなく、食品や雑貨の輸入などにも付いて回ります。例えば、乳幼児が口にする可能性のある玩具類などは、食品衛生法の定めをクリアした有害物質を含まないものでなければ販売できません。大量に契約した(している)商品は問題ないでしょうか?

 

また既に述べたように少子高齢化を意識したM&Aが今後は増えそうです。介護施設の場合、高齢者一人当たりに必要なスタッフの人数や必要な面積はクリアしているでしょうか。非常時に避難・誘導するための建物内の動線はどうでしょうか。スプリンクラーや消火器、火災報知機の設置も含めて、建築基準法や消防法などの諸法規をていねいに調べる必要があります。

 

いざM&Aの交渉という段になって、それらを指摘されないためにも、まずは保有する資産に不備がないかよく把握したうえで、事前に修理や対策を施すなどの措置を取っておきたいところです。

 

 

(その1)に戻る。

syoei_maこの記事はGTAC編著
『オーナー社長のための会社の売り方』
(2013、幻冬舎メディアコンサルティング)
より転載したものです。

 

この記事はお役に立ちましたか? 幻冬舎総合財産コンサルティングが運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」に登録すれば、最新の関連情報やセミナー/イベントの開催情報などをいち早くお受け取りいただけます。無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。