【生命保険・運用】保険で資産運用をする3つの理由とは?

office-581122_1280

 

生命保険で得られる益には、

 

・投資益
・死亡益

 

という2つがあります。

投資先を選び、その結果出た益を受け取るのが投資益です。

これは一般の投資商品すべてに当てはまると思いますが、生命保険では、死亡時に保険金が出ることになっていますので、死亡をきっかけに、投資金額を回収することがあります。

 

いわゆる資産運用型保険ですが、これが選ばれる理由を挙げると、

 

●安定力

 

●出口力

 

●相続力

 

という3つにまとめられます。

 

まず「安定力」ですが、保険の世界には、

 

・最低保証制度

・公的なセーフティネット

・リスクコントロール手法

 

といった安定した運用を機動的に行える仕組みが存在しており、投資元本を割りにくい設計となっています。

また、契約時に「○○%で運用します」という約束がされ、そのとおりの運用をして返ってくるパターンがあります。

さらには、死亡時に受け取る保険金については、「○○%保証」など、最低保証制度がついているものがほとんどです。

 

次に「出口力」ですが、資産運用型保険の世界では、

(以下、略)・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生命保険コラムvol.037 <執筆>GTAC 2015年1月23日付 

 

このコラムの全文は、
カメハメハ倶楽部の会員様へ配信されるメールマガジンでお読みいただけます。

カメハメハ倶楽部への無料会員登録は、登録フォームからどうぞ。

 

お問合せはメールまたはお電話(03-5411-6181)で

 

hokencenter_banner2